まつげ美容液の効果

エクステやパーマなどまつげをより長くふさふさにしたい女性は多くなってきました。まつげを増やすだけで目の印象ががらりと変わり華やかな印象になり魅力的な顔になります。

 

しかし、エクステは合わないと瞼が腫れたり、赤くなったりと何かしら異常が出てくる危険性があります。パーマも逆にまつげを痛めてしまわないかどうか不安に思っている人もいるでしょう。

 

そんな方にお勧めしたいのがまつげ美容液です。

 

まつげ美容液は、お風呂上りや寝る前に美容液を塗るだけでまつげを濃く長くすることができます。
毎日塗り続けることが大事となってくるのですぐに効果が出るということはありません。

 

まつげ美容液の効果は、毎日地道に塗り続けることであらわれてくるものです。即効性を求める人はお勧めできないですが、比較的値段も安いものから高いものまで揃っているので選ぶことができます。

 

まつげ美容液の効果はただまつげを長く濃くするだけではありません。
美容液なのでより美しく艶のあるまつげに生まれ変わります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、植物性エキスなど女性にとって嬉しい成分がまつげ美容液に入っています。どのような成分が入っているのかはそれぞれメーカーによって違うのでパッケージを確認して下さい。

 

まつげエクステやパーマが少し怖い、不安という方には気軽るに試すことができるまつげ美容液はお勧め商品です。1回試してみてはいかがでしょうか。


まつげ美容液の選び方

色んなまつげ美容液が発売されている中、どのようなまつげ美容液を使ったらいいのか悩んでいる人も多いと思います。どのような基準で選べばよいのか失敗しない為にもまつげ美容液の選び方のポイントを教えますね。

 

ポイントその@ 自分の目的に合ったもの

まつげ美容液はそれぞれ入っている成分が違います。
まつげの長さを強調したもの、色の濃さ、艶、うるおいなどといった効果的要素が違うのです。
もしあなたがまつげを濃くしたいならばその目的に集中している美容液を使うと良いでしょう。
強調している部分が違うので自分の目的に合った美容液を選んでください。

 

ポイントそのA 低刺激なもの

まつげはお肌と同じく、できるだけ優しい成分が入ったものを使って下さい。
刺激が強いものだと目や瞼が腫れてしまったりすることがあります。
目をこするだけでまつげが抜けてしまうくらいまつげというのは脆いものです。
刺激が少ないやさしい商品を選ぶのもポイントとなります。

 

ポイントそのB 上級者はチップタイプ、初心者はブラシタイプを

まつげ美容液は、筆ペンの形をしているチップタイプとブラシタイプの2種類があります。
初めて使う方はブラシタイプの方が塗りやすく、簡単に使うことができるでしょう。
チップタイプは塗り方にコツがあり、比較的難しいので上級者向きとなっています。

 

以上、3つの選び方のポイントをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
自分の目的に合ったもの、低刺激で、初心者ならば使いやすいまつげ美容液をお勧めします。

まつげ美容液の正しい使用方法

まつげ美容液の正しい使用方法について説明致します。
一般的にまつげ美容液を塗るのは夜、お風呂上りや寝る前です。ブラシにたっぷり美容液をつけます。マスカラのようにまつげを根元から塗っていって下さい。

 

根元にボリュームを増やしたい方は根元だけ塗っている方もいらっしゃいます。そこは自分の目的に合わせて行ってみて下さい。

 

下まつげも同じようにすとよいでしょう。お風呂上りのようにまつげがある程度濡れているくらいが浸透しやすいので丁度よいかと思います。

 

ただ気をつけてほしいことが1つだけ。それは、何回もブラシに液をつけてはいけません。
何回もブラシを液につけてまつげに塗ってしまうと逆に塗りすぎてしまい刺激が強すぎてしまいます。

 

必要な有効成分もブラシから離れてしまう恐れがあるので1回だけつけて塗って下さい。
塗るときは目に入らないように十分気をつけて下さいね。

 

基本的に夜塗る方が多いですが、より効果的な方法として朝も塗るという方も多くいらっしゃいます。朝と夜塗ることでより強く長い濃いまつげをつくることができるのです。朝塗るときはアイメイクをする前に塗って下さい。

 

塗り方は夜と同じようにして構いませんが、夜と区別するために朝専用の美容液をお勧めします。メイクもしなくてはいけないので比較的に朝は軽く塗って下さい。

 

このように朝と夜使い分けることで綺麗なまつげを手に入れやすくなりますよ。まつげ美容液の説明書にも詳しく正しい使用方法が記載してあるので塗る前に必ずチェックして下さいね。

 

詳しい使い方はこちらのサイトから

(HP)まつげ美容液ランキング


更新履歴


このページの先頭へ戻る